妊娠中の体重増加を避ける管理法!

妊娠 体重

 

妊娠中の体重増加が、どれくらいであるのが理想的かは、妊娠前がどれくらいであるかで変わってきます。
太りすぎも痩せすぎも、注意が必要。太りすぎは難産になり兼ねず、痩せすぎは赤ちゃんの健康に関わる問題です。

 

ベストはどれくらいか
BMI値というものがあります(BMI:body mass index。身長と体重からのバランスを知る指数のひとつ)。
妊娠前の体重でこの数値を出しておき、妊娠中は何キロくらいの体重がベストか、把握することが大切です。

* BMI値の出し方
(妊娠前の体重)kg ÷ (身長)m ÷ (身長)m = (BMI値)

 

例:体重55kgで身長が160cm・・・55÷1.6÷1.6=約21.5=BMI値

推奨されている体重増加の目安の値

 

妊娠 体重 BMI 

 

・BMIが〜18.5の場合・・・出産までの体重増加値は、9〜12kgで、1週辺り0.3〜0.5kg増加が理想
・BMIが18.5〜25.0の場合・・・出産までの体重増加値は、7〜12kgで、1週辺り0.3〜0.5kg増加が理想
・BMIが25.0以上の場合・・・個別に主治医と相談

 

 

7kg分くらいは増加すると知っておく事です。お腹に宿った胎児だけでなく、胎盤、羊水や、大きくなった子宮、乳房により、その重みは妊娠後期にもなると5〜6kgはあります。
血液量も増えていますし、体脂肪も細胞分裂のためにつきやすくなっています。
もともと太めという人は、特に食べ過ぎに注意が必要。肥満の妊婦さんは、妊娠高血圧症候群、妊娠糖尿病などにもなりやすい傾向にあり、帝王切開の可能性も高いことが多い、など、リスクを多く抱えてしまいます。また、死産や巨大児などの場合も多いのです。
逆に、痩せ過ぎている妊婦さんにも問題が。お母さんの体重が増えないと、出生時に2500g以下の赤ちゃん(低出生体重児)が生まれる可能性が高まります。
子宮内の胎児は、栄養不足に慣れてしまうのですが、生まれた後に自分で栄養摂取を始めると、反対に、栄養を摂り過ぎるという栄養過多になりがちです。小さく生まれた赤ちゃんは、生活習慣病になりやすいというデータがあるので、注意が必要です。

 

妊娠中の食事のポイント

栄養バランスを考えた食事をしましょう。
赤ちゃんの体を作るうえで重要な肉・魚はもとより、体調管理に必要な野菜もしっかり摂ることが重要です。

 

※1日の献立の目安
「主食」「主菜」「副菜」「汁物」 ×3 + 乳製品や果物などのオヤツ

 

普段の食事に、妊娠中に不足しがちな栄養素が摂れる食品を、きちんと追加できるのが理想です。
追加する目安は、初期はなしでもいいのですが(つわりが酷いと栄養的には減ることもあるので、注意は必要)、中期は1割、後期は2割、増やすとよい、とされます。

 

増やすべき栄養素

 

妊娠 体重 栄養バランス 

 

カルシウム

 赤ちゃんの体を作ります。摂取不足の母体は、将来的に骨粗しょう症になるなどの影響が出ます(乳製品、豆製品、緑黄色野菜、小魚、海草、などに多く含まれる)。

鉄分

 妊娠中は、血液が多く必要なので、貧血気味に。動悸や息切れなども、鉄分不足から起こる場合があります(レバー、肉、ひじき、まぐろ、あさり、ほうれん草、豆製品などに多く含まれる)。

葉酸

 妊娠の特に初期に、多く必要。胎児の脳脊髄に欠かせない、と言われる(緑黄色野菜、果物、卵黄、豆製品、などに多い)。

 

食事の摂り方にも注意が必要

 

妊娠 体重 注意 

 

注意すべきところは、調理のしかたや、水分、サプリメントの使い方などにあります。

 

塩分

 摂り過ぎは、浮腫みの原因。高血圧にもなり兼ねません。市販に売っている惣菜、加工食品、スナック菓子などに多いので、食べ過ぎに注意。

水分

 水分補給は便秘解消などに必要なことだが、一緒に塩分を摂取すると、浮腫みのもととなりやすい。それ以外にも、飲み物に甘味料が多いと、カロリーオーバーしやすい。

生もの

 生肉・ナチュラルチーズなどに含まれることのあるリステリア菌は、食中毒のもととなる他に、赤ちゃんに影響を与えることがある。他の細菌に注意するためにも、加熱調理で食べるのが望ましい。

ビタミン剤

 特に、脂溶性のビタミンは過剰摂取で体内に蓄積されるので、注意。ビタミンAの摂り過ぎは、胎児の形態異常に繋がる恐れがある、と言われている。

魚類

 魚の身に含まれることの多い水銀などは、取り過ぎで、赤ちゃんの発育に影響が出る恐れがあると言われている。

 

 

 

こんな記事も読まれています♪