危険回避!妊娠中の健康な母体の保ち方

妊娠中 運動 

 

妊娠中は「安静が一番」と言ったり「ある程度は動くべき」との声があったりします。
これは、状況に応じ、使い分けが大事なことになってきます。

 

基本は、いつも通りで
高齢であるというリスクを背負っている妊婦さんも、流早産の可能性がないならば、基本的にはいつも通りの生活を送ることができます。
誰もが安静にしなければならない、というわけではありません。
仕事や運動なども、元気な体でしたら可能です。
ですが、疲労を感じたり、お腹が張っているというようなときは、このサインを見逃さず、横になる、などの対処は必要です。

 

安静重視な、合併症が出ているという場合

 

妊娠中 運動 安静

 

運動をして体力作りをするより、安全な出産を目標に挙げるべきなのは、合併症の妊婦さん。
運動を控えるべきなのは、次のような場合です。
・切迫流早産を経験した
・子宮頸管無力症や、頸管が短い人
・前置胎盤、低置胎盤の人
・妊娠高血圧症候群の人
・多胎
・大きい子宮筋腫ができている
これらの場合は、仕事を休むことも頭に入れておきましょう。
早産などの危険性が高いので、できる限り正期産になるようにするためです。

 

無理は禁物

・重いものを持たないようにする
・立ち姿勢を長時間続けない
・疲れを感じるときは休憩を取る
・お腹の張りに気づいたら、横になる
・性交はあってもいいが、無理な体位は行わず、感染や子宮の収縮を防ぐためにコンドームをつける。腹痛や出血時には中止する。

 

運動は適度に、無理なく。妊婦さんのための運動も盛んに行われていて、マタニティ用のスイミングやヨガなどがあります。
体を適度に動かすのは、妊娠中のマイナートラブル防止にもなりますし、妊婦さんの情報交換の場としても利用できるでしょう。

 

元気がある場合

 

妊娠中 運動 元気な時 

 

運動をしない方がいいであろう、と言われる状態でなければ、週に2〜3回程度マタニティ用の運動教室を利用するのもいいと思います。
また、日に30分くらいであれば、軽い運動をするのも、体力維持や健康のためには良いことです。普段歩いているという場合、マタニティ用の運動教室に行く必要はありません。
注意する点として、軽く息が弾むくらいの運動をするのであり、息苦しいと感じるほどはやらないことです。

 

運動の目安となる心拍数

30〜39歳・・・130〜145回/分
40歳以上・・・125〜140回/分

 

●元気すぎるのはNG
立ちっ放しの運動、ケガのもとになり兼ねない激しいスポーツ、スキューバダイビングなどは、控えてください。

 

運動を即中止するサイン

 

妊娠中 運動 運動危険 

 

・立ちくらみ
・頭痛
・胸に痛みを感じた
・息苦しい
・酷い筋肉痛
・足が痛くなったり、腫れた
・お腹に痛みを感じたり、張っている
・性器からの出血
・胎動の減少、または、胎動を感じない
・破水

 

動くのには、個人差があります。
アドバイスも様々で、「高齢だからじっとしていた方がいい」との声もあるでしょうし、「動いた方がお産が楽になる」というものもあると思います。これは正解があるわけではなく、自分の状態で判断しましょう。
妊娠中の運動で合併症などのリスクが出るのを防げるかと言うと、医学的にはハッキリとしたデータは出ていないのが現状です。
運動=安産なのではなく、もともと元気でリスクの少ない妊婦さんだからこそ、運動ができ、トラブルが少なかった、という見解もあります。
なので言えるのは、「運動しなくちゃいけない」と思い込まず、頑張りすぎなくても大丈夫なのです。また、反対に言えることは、動けるのに、「安静第一だから」と考え過ぎなくてもよいのです。

こんな記事も読まれています♪