妊娠中にどんな症状の種類があるの?体に表れる危険信号とは・・・

妊娠中 症状 

 

多少なりとも不快と感じることもある、妊娠中の生活。
直接的に赤ちゃんに影響しないトラブルであれば、不快感を和らげながら、過ごすことも大切です。

 

マイナートラブルも人それぞれ
体に表れる妊娠による負担は、不快な症状(マイナートラブル)として出てくる場合があります。
これは個人差のあるもの。
そしてその症状も、妊娠・出産後にはなくなる場合がほとんどです。

 

つわり

 

妊娠中 症状 つわり 

 

急激なホルモンバランスの変化による不適応症状です。
吐き気・嘔吐、の症状が出ます。ビタミンBが足りないと神経障害になることもありますから、食べられそうなときに、食べられるものを、少しずつ摂取してください。
水さえ飲めないくらい酷いものは妊娠悪阻と言いますが、その時は医療機関での治療が必要です。
5〜8割の妊婦さんがつわりになりますが、12〜16週で治る人が多いものです。

虫歯・歯肉炎

つわりにより食事が頻回になったり、吐き気から歯磨きがきちんと行えない、また、ホルモンバランスの変化などの、これらの影響です。つわりが落ち着くのを待ち、歯科を受診してください。

腰痛

大きくなったお腹を支えるために姿勢が変化したことや、骨盤の周りの靭帯がゆるみ、筋肉に負担になっていることなどが、主な原因です。
長時間の同一姿勢を避け、反り返るのをやめて背筋を伸ばせるような格好を取れるように、心がけると良いとされます。骨盤を支えるベルトがありますが、これも有効です。

眠気

黄体や胎盤からプロゲステロンというものが分泌されます。
これに軽い麻酔作用があるので、妊娠初期などは特に、強く眠気を意識するでしょう。ホルモンの量の変化に体が慣れていくと、だんだんに治まります。

動悸・息切れ

妊娠後期は体重が特に増えますが、この時期に出やすい症状で、貧血も一因と言われます。
貧血が強くて起こる場合、その対処(鉄剤を摂る、など)が必要。
あまりにひどい時は、薬を処方されます。

便秘

 

妊娠中 症状 便秘 

 

プロゲステロンの作用、また、大きくなった子宮からの圧迫で、大腸の動きが悪くなり起こるもの。
食物繊維と水分を摂取しても改善されない場合、早目に病院で下剤を出してもらいましょう。

直腸粘膜が、子宮に圧迫されるためにうっ血し、膨張気味になります。
その状態で排便時などにいきむと、いぼ痔になったり、切れてしまう場合もあります。
便通を改善することでいきみも減るので、便秘をしないようにしたり、また、外用薬を使用して対処したりします。

頻尿・尿漏れ

膀胱が圧迫されて起こる症状。
子宮が大きくなる、なり始めの時期と、妊娠後期に多いものです。
排尿のときに痛みを感じたら、膀胱炎の可能性がありますので、医師に相談してください。
また、注意が必要なのは、後期の尿漏れは破水と区別しにくいことです。

おりものの増加

妊娠により増加するというのが、一般的な生理的な変化です。
下着を清潔に保つ、などして下さい。
痛みや痒みがある場合、医師に相談が必要です。

むくみ・しびれ

血液、体液の循環が、子宮に圧迫されたために悪くなり、むくみやすい状態に。
手首がむくみ、神経の圧迫に繋がって手先にしびれを感じるものは、手根管症候群と言います。
むくみがあるときは、塩分の制限と、適正な体重管理が必要となります。
適度な運動や、マッサージも行って下さい。

こむらがえり

寝ている時に、急に、ふくらはぎなどに激痛を感じるもの。
運動不足やカルシウム不足が関係あるのではないか、と言われていますが、はっきりとした原因は不明。
足を重点に考えたストレッチをしたり、カルシウムの摂取などで対処します。

 

我慢ばかりしなくてもいい

 

妊娠中 症状 相談

 

上記は一例で、他にも不快だと感じる症状はあります。
赤ちゃんに直接影響のないもので、妊娠したがための不快症状を「マイナートラブル」と言いますが、妊婦さん自身には辛いもの。
あまりに症状のキツイときには、医師や助産師さんの見解も必要です。相談するなどし、対応していってください。

 

 

こんな記事も読まれています♪