高齢出産と卵子の老化の関係性について

卵子の老化 

初産が30歳以上だという方が増えています。
30歳後半や40代でお母さんになる人も多々見られますが、しかし、自分もその年齢で授かれるとは限りません。
加齢と共に、体は妊娠しにくくなるのです。
「子どもはまだいい」と思ってる時期を過ぎ、「そろそろウチも・・・」と避妊をやめたとしても、すぐに授かれない人が増加しています。

 

何故、妊娠しにくくなるの?

 

卵子の老化 妊娠辛くなる理由 

 

年齢を重ねても、まだ生理があるから大丈夫!、こう思ってる方は多いでしょう。
ですが、毎月きちんと排卵されてるかは分からないものであると同時に、卵子の質、というものが変わり、その質も低下傾向に。
もし妊娠しなかったら、不妊治療をすればいい、と安易に考えがちですが、不妊治療の成功率も、年齢と共に下がってしまうのです。
不妊の原因自体は様々。
ですが、年齢が上がれば、高齢であるということ自体が不妊の原因になり兼ねません。
何故なら、卵子が老化するからです。
高齢による卵子の老化が妊娠しにくい体にしていることもあるのです。

 

加齢で卵胞の数が変わる?
卵子を育てる袋を、卵胞、と言います。

 

胎児の時期

 

卵子の老化 胎児〜新生児 

 

胎児の時点での卵胞は、600万〜700万個といわれます。
胎児の卵巣内で原始卵胞というものが作られますが、原始卵胞は妊娠16〜20週頃が最も多い、とされ、そこからは減っていきます。

 

生まれたばかりの赤ちゃんの卵巣内での原始卵胞は、100万〜200万個と、だいぶ減っています。
その時原始卵胞は休眠しますが、休眠時期にも徐々に減る傾向にあります。

 

月経

 

卵子の老化 月経 

 

初めての月経(初潮)は平均して12歳くらいだと言われます。
この時の卵胞が、30万個です。
ホルモンの影響下で、複数の卵胞が発育を開始しますが、最も良い状態で発育できている卵胞が排卵されます。
そこで妊娠しないと、また月経が来る、という仕組み。
ここから30〜40年かけ、排卵、月経、が繰り返されます。そこで徐々に、卵子の老化が進みます。
排卵の時期が遅いほど、卵子は変質。つまり、受精の力も衰えてしまいます。
そして、だいたい50歳くらいだと言われる閉経。卵子はここまでに老化しています。
閉経時には、ほぼ消滅していると言っていいでしょう。

 

何故、卵子が老化するのかというと、上記により、卵胞が減ってしまうのは分かりましたが、何故、卵子の老化が進むのでしょうか?
赤ちゃんを作るために必要なのは、精子と卵子ですね。精子というものは、日々、新しいものが作られています。
しかし卵子は、途中までできたら、卵巣内で作り置きの状態に。その置かれた期間が長いと、卵子の質が落ちていってしまうのです。
つまり、加齢によって質の落ちた卵子は妊娠しにくい卵子である、ということになります。

こんな記事も読まれています♪