いよいよ入院準備は大丈夫?

35歳高齢出産  入院準備

高齢での出産は、分娩方法においても自然分娩より、帝王切開の方が多いといいます。
自然分娩で出産する予定でも、状況によって、帝王切開に変わる場合もあります。
そうすると入院も、他の人よりも準備するものが多くなりますが、いったい何が必要であるのか、まとめておきたいと思います。

 

入院手続き

手続きで必要になるもの
・母子健康手帳
・健康保険証
・診察券
・印鑑
手続きで最低限必要なものは、だいたいこんなところです。

 

入院の際に必要なもの

入院に関して必要なものは、基本的には、他の入院などで必要なものと、それほど変わりません。
ですが、入院自体が初めてという方もいらっしゃるかと思います。
これだけ用意できていれば心配ない、というものを、記しておきたいと思います。(赤字は必ずいる物)

 

衣類

・パジャマ・カーディガン・肌着
・授乳用ブラジャー・ショーツ・T字帯
・腹帯

 

衛生製品(病院で用意してくれる場合もあります)

・生理用ナプキン・ガーゼ
・洗浄綿・母乳パッド

 

日用品

・ティッシュペーパー・タオル・スリッパ
・ソックス・洗面用具・基礎化粧品
・爪切り(赤ちゃん用もあれば安心です)

 

その他

・箸・スプーン・コップ
・果物ナイフ・使い捨て食器
・食品ラップ・ゴミ袋・時計
・筆記用具・アイマスク・ストロー

 

・・・などがあれば、初めての入院でも、心配も然程なく、臨めると思います。

 

大荷物になってしまうのは大変ですが、これくらいの荷物であれば、大丈夫かと思います。
臨月近くになると、病院で入院に関する冊子がもらえ、そこに記載されているもの以外は病院で用意してくれるので、事前に病院に確認しておくと安心ですよ。
これ以外に、今ですと、携帯電話(またはスマートフォンなど)を持ち込みたい方もいると思いますが、入院する病院によって、持ち込みが禁止されている場合もありますから、入院前に確認するといいでしょう。
必要最低限のものを用意しておけば、高齢出産である、という不安からも少し遠退くと思います。

 

また、帝王切開になった場合の、心身へのリスクがあると思いますが、十月十日を一緒に過ごしてきたお腹の赤ちゃんを、やっと腕に抱くことができるのですから、急に帝王切開になった場合も不安のないよう、準備はしっかりとしてくださいね。

こんな記事も読まれています♪