高齢出産は産後、うつになりやすいの?

産後鬱

 

高齢出産で赤ちゃんを産むと、産後うつになりやすい、といわれています。
産後うつとは、その名の通り、産後に症状の出るうつ病のこと。
出産した女性の、10〜20%がその症状を感じるといいます。
気分が沈む、といったものから、自分の赤ちゃんに対して感情がもてない、といった心の問題であったり、体に変化が出るものでは、食欲不振により体重の減退、不眠または過眠などで睡眠リズムを崩す、といったサインもあります。
マタニティブルーとは違うもので、治療が必要な場合が多く、自分がそうだと意識したら通院を要することもあります。

 

では、なぜ産後うつになるのでしょうか?

 

産後鬱 原因

 

ホルモンバランスの乱れが原因と言われています。
妊娠によって分泌されていたホルモンが、出産後には体外に排出されてしまうので、ここでホルモンバランスが乱れてしまい、それが自律神経へと繋がっていき、自律神経が乱れてしまう、というものです。
そこに加わるであろう、育児に対する不安やストレスで、うつ状態になるといった状況が考えられます。
また、出産で体力を使い疲労しているとき、育児の不安やストレスがあると、心身ともに重荷になってくることから、発症する場合があります。

 

母親としての孤独

 

産後鬱 孤独

 
・核家族化が進み頼れる家族が側にいない
・父親が不勉強でサポートできない
・高齢出産だったため、ママ友を作りにくい
などの理由により、孤独を感じ、うつ状態に陥ってしまう、という状況です。

 

自力で不安やストレスを乗り切れる方も中にはいますが、全員が全員、強いお母さんではないですよね。
産後うつの回避には、妊娠中に助けを求められる場所を確保しておくといった姿勢が大切です。
自分の両親や旦那さんに、相談しやすい空気を作っておく、ということですね。
また、妊婦さんの間に、マタニティ向けの教室に通いママ友達を作っておくと、出産してからの悩みの相談相手を作ることにも繋がるのではないでしょうか。
それ以外に、病院や自治体で相談に乗ってくれるところもありますから、深刻な状況になって思いつめる前に、相談してみるのもいいと思いますよ。なにごとも、一人で抱え込まないのが大事です。

こんな記事も読まれています♪