高齢出産って大体どれくらいの費用がかかるの?

高齢出産 費用 

 

妊娠、出産には、お金がかかるもの。
これは、高齢だから、というワケではありませんが、高齢出産だから、ということも踏まえて、妊娠、出産にはどれくらいのお金がかかるのでしょうか?

 

高齢出産でかかる費用 高齢であるなしに、妊娠、出産にはお金がかかります。
高齢だと何が違うかと言えば、リスクがあるかどうか。
リスクのあるお産だと、費用的に多くかかる場合があります。
妊娠から出産までの通常の費用は、60万〜70万円くらいだとされますが、高齢出産は、ここにプラスされる場合がある、ということ。
ですが、赤ちゃんを元気に産んであげるためには、出費が増えることも頭に入れておくべきだといえるでしょう。

 

定期健診

 

高齢出産 費用 検診

 

飛び込み出産、という言葉は知っていますか?
健診代がない、または勿体ない、などの理由で、出産までの定期健診を受けない人がいるというのです。
ですが、お腹の赤ちゃんのことも、母体も、健康であるためには定期健診は必要なこと。
欠かさずに行きましょう。

 

健診は、妊娠6ヶ月までで4週に1回、9ヶ月までで2週に1回、10ヶ月以降は毎週通います。
妊娠初期と後期で、費用は変わってきますが、1回につき4000〜8000円と考えていいと思います。
それを元に考えると、定期健診でかかる費用は最低7万円くらい。
ここに、検査費用が上乗せされます。

 

それ以外にかかるものと言えば、出生前診断などです。
出生前診断は、種類により額面は変わりますが、多くて10万円以上のものもあります。
これ以外にも、体に異変があれば、医療機関に行きますよね。
高齢出産だと、この機会も増えてくるでしょう。
また、産後健診というものもあります。
これは、2000〜5000円かかります。

 

いざ入院!分娩費用は?

 

高齢出産 費用 分娩

 

分娩、入院費用は、その医療機関によって変わってきます。
だいたい、20万〜100万円だとされています。
そこに、急に帝王切開になった、などのことがあると上乗せされます。
入院が長くなってしまうので、費用も増えるのです。
高齢出産だから帝王切開ではありません。
ですが、もしものことも考えて、費用は多めで準備しておいた方がいいですね。

 

 

 

 

こんな記事も読まれています♪