高齢出産の確率はどらくらいなの?

35歳高齢出産 不妊治療

 

不妊治療も様々ですが、タイミング法や人工授精がうまくいかないときは、次のステップもあります。
それが、体外受精・胚移植。ART(Assisted Reproductive Technology)という生殖補助医療の治療方法の代表的なものです。

 

体外受精・胚移植の方法

 

体外で受精させた卵子・精子を、子宮内に再び戻して着床させる、という方法です。
女性側にまず行うのが、採卵です。
排卵を誘発させて卵胞を複数発育させてから、十分な大きさまで育てて、経膣超音波装置で見て、卵巣に針を刺して卵胞の中身を吸い出して卵子の採取をしますが、採卵の際、入院などはしないで外来で行うのが一般的です。

 

男性側が行うのは、採精です。
これは、人工授精のとき同様、男性自ら精子を採取します。その精子の中で元気に運動するものだけ選びます。
この時、精液に精子がいなくとも、卵巣にいるならば、切開等で吸引して採取することもあります。

 

卵子、精子ともに準備ができたら、体外受精ですが、精子の質や数に問題のある場合、顕微授精という、元気な精子を選び抜く方法をとってから受精させることもあります。
体外受精は、卵子の採取後に数時間培養し、数万の数の精子を卵子1つに対して入れて、受精が行われるのを待ちます。

 

その後、受精ができたら、分割を待ちます。受精がうまくいったら、受精卵は分割を始めます。2〜3日で4分割以上になるのが普通。
そこから受精卵は、桑実胚、胚盤胞という状態になりますが、より着床しやすい状態になるよう、そこまで進むのを待つときもあります。

 

分割がうまくいったら、受精卵は子宮内に戻されます。原則として、子宮内に戻す胚は1つです(多胎妊娠を防ぐため)。ですが、高齢出産と言える年齢の場合や、2回続けて妊娠できなかったときには、2つまでの胚を戻すことが認められています。
ここで受精卵が余っていたら、凍結保存が可能。次回の治療が必要であるとき、解凍して使えます。
 

ARTの成功率と、年齢

 

35歳高齢出産 体外受精

 

現在、出産する女性の約50人に1人は体外受精だといわれています。
ARTの需要が増えている、ということ。ARTを受ける中で最も多いとされる年齢は、37歳前後。
ですが、胚移植ができたのは36歳が多く、更に、胚移植の後に妊娠まで進めたのは35歳が多く、出産までいったのは人は34歳が多い、とのデータがあります。
ARTを受けたから妊娠・出産できるわけではなく、年齢が高いと子どもを授かれる可能性は低い、ということ。
年齢は、治療をする上でも関係してくるということです。

 

第三者に関わる不妊治療

 

35歳高齢出産 第三者提供

 

第三者の卵子・精子を使った不妊治療も可能ではあります。
夫婦間の治療を行っても実を結ばないときは、第三者に手伝ってもらうこともできる、ということ。
ですが、精子提供・卵子提供ともに、まだ法整備も進んでおらず、規制も統一していませんから、問題も発生します。
多胎妊娠、早産、などの体への問題もありますし、親も提供者も治療もことを隠すことが多いため、産まれてきた子どもが抱える問題もあります。
 

こんな記事も読まれています♪